TOP
弊社の強み
事業概要
事業展開
会社概要
お問い合わせ
   
 
       
             ・調査精度、スピード、コストの観点からそれぞれの調査手法の長・短所を見極めた上で、使い分け或いは併用型のハイブリッド調査などを推展開しております。   
        
         電話調査
                 1)KOLなど多忙で郵送、Web、E-mailなど機械的アプローチでは本人コンタクト、協力取
  り付 けが困難な対象者にアプローチする場合
   
2)定性設問比重が高く、高いヒアリング、プロービング技術が要求され、『具体的かつ深い
   回答が重視される』調査
3)製品開発・国内未上市製品調査等、『守秘性』が強く求められる場合
4)調査対象者条件(スクリーニング条件)が非常に厳格な場合
         訪問面接調査
                 1)事前に調査仮説を得るために実施
2)KOLなど調査上どうしても協力頂くことが不可欠な場合
3)調査上サンプル等を直接見て頂いたり、操作頂くことが必要な調査
         Web調査
                 ◆実施の前提   
・事前に調査仮説がしっかり構築され、設問構成・内容が実態と大きくブレることなく
 回答も選択肢からの選択、数字などで単純化された「定量設問中心調査」である
 こと.
                 1)マトリクス形式あるいは、大量の定型設問が中心の調査
2)短期間での大量サンプル回収と調査のアウトプットが要求される調査
3)実態把握を主とし、守秘性が要求されない調査
         E-mail調査
                 1)定性・定量併用型調査で、定量部分が電話調査で全て実施するには余りに単調で難を
  来たす場合、併用、補完する形で実施
   
2)定量調査でマトリクス形式等、大量の定型設問が中心の場合に単独で実施
3)対象者のE-mail送付要望と調査の守秘性の高低を鑑みて実施
         FAX調査
                 1)④E-mail調査の1)、3)と同一主旨で実施
2)ネットの接続環境が院内限定で、外部と交信が出来ない場合
         郵送調査
                 1)定量設問調査で、E-mailで実施することも憚られる程、設問数が特に多く、回収スケ
     ジュールに余裕がある場合
   
2)特に郵送を希望された場合 *但し、調査期間に余裕がある場合に限る
3)④E-mail調査の3)と同一主旨で実施
         フォーカスグループインタビュー
                 1)司会者(モデレーター)の進行管理下で定量調査では十分把握出来ない製品選択動機、
    受容、拒否の背景の本音、参加者一人一人からでは中々引き出せない新たな視点など
    を司会者の友好的な雰囲気づくり、参加者相互間の刺激、影響などにより引き出すため
    に実施
   
2)新製品のコンセプト、プロトタイプの評価
    主に各分野のキーマンの方々にお集まり頂き、新製品コンセプトやプロトタイプを多面的
    に評価頂くと同時に、参加者相互間の刺激、影響の相乗作用で、新たな視点、評価を
    得て製品開発・改良の参考とするために実施
         デプスインタビュー(1時間程度のセミデプス方式で会場を設けて実施)
                  ・ 面接者(調査員)と回答者が1対1形式で行い、定量調査、一般的な定性調査では十分
    把握、解明出来ない製品選択動機、受容、拒否の背景、理由などを回答者の深層心理
    に迫って具体的且つ明確に引き出すために実施
   
       
                  ・ 正に実査を100%自前で実施してきたことで得られた医療現場実態の知見(施設単位、
    科単位、専門分野、地域、国内外のシステムの差等々)を十分反映させたご提案、報告
    を今後更に積極的に行って参ります。
   
                                                                                                                                              
        ・従来から手掛けてきた分野に加え、弊社調査業務の中心対象『医療用医薬品・機器、器具』
 の周辺分野である
   
                 (1)スウィッチOTC化が進む市販薬分野

(2)医療用具分野

(3)医薬部外品分野

(4)特定保健用食品、栄養機能食品分野
   の調査に積極的に取り組んで参りたいと考えております。
                                                                                                                                              
        ・従来から展開しております分野に加え、下記のような分野に積極的に取り組んでゆきたいと考えて
 おります。
   
       
                 ・独創的技術や高い技術ポテンシャルを有しながら、人的制約などで十分な社会的告知、営業展開が難しいベンチャー企業様などがスピーディで効率・効果的なマーケティング活動を展開するための支援としての
1)有望ターゲット業種・業態の掘り起こし
2)手短かな会社案内と業務案内DM送付了承取り付け
3)訪問アポイント取り付け(スケジュール管理含めた)
   
       
                 ・(1)有望ベンチャーのマーケティング活動支援1)~3)と同様の形でスピーディな展開を支援
                       医療・社会調査研究所株式会社(Medical・Social Research Co.,Ltd)
〒103-0013東京都中央区日本橋人形町2-13-9 津田ビル
                       TEL:03-5649-4300㈹
FAX:03-5649-4301
E-mail:info@msr-iryoushijyouchousa.com